ホロの西洋占星術&カウンセリング

西洋占星術を使ったカウンセリング/ホロスコープ/ルーン/心理カウンセリング/認知行動療法

双子座火星長期滞在の乗り切り方

こんにちは。ホロです。

しばらくブログ書いていませんでしたが、自分の9ハウスに水星が入ってるせいか色々書きたくなってきました。

今回は、今年後半の大きな天体イベントでもある「双子座火星の長期滞在」について対処方法なども挙げながら深掘りしてみようと思います。

火星が長期滞在するとどうなる?

火星は通常だと1ヶ月半程度で次の星座に移動します。でも今回は双子座になんと7ヶ月間滞在します。滞在期間は2022/8/21~2023/3/25までです。

天体の中でも太陽(地球)から遠い天体は動きが遅いです。木星はだいたい1年間同じ星座にいますし、冥王星であれば15年くらい同じ星座にいます。

では、そういった遠い天体と今回の火星の長期滞在は何が違うのでしょうか?

近くて長くて熱い!

ちょっと擬人化して考えてみましょう。あなたはクラスの真ん中あたりに席があります。

あなたの事が好きなクラスメイトが遠くの席からいつも想いを寄せているのをじんわり感じているのが、遠くの天体(例えば木星)が同じ星座に長くいる状態です。まあ、逆もありますが(あなたをよく思っていない人が遠くからマイナスオーラを送ってるケース)

そして、あなたの隣の席で、直接、好き好きオーラだけでなく直接話しかけられたり、プレゼントを渡されたりする状況がずっと続くのが、火星の長期滞在状態になります。

(逆のケースはあまり考えてくないですねえ…)

火星は地球から近く肉眼でも見えますよね。逆に天王星より遠い星は肉眼では見えません。でも存在はしています。このように、天体の影響の質と量は、地球からの距離に関係します。

火星は文字通り「火」です。火はタロットで言うワンド。バイタリティ、心の火、活力です。これがあなたの近くにいれば(あれば)当然あなたの気持ちの火は大きく(熱く)なります。

※その他に火星にはスピードとか体(肉体)、刃物と言った意味もあります。

でも、火はコントロールが難しいですよね。下手をすれば火傷しますし、最悪家が火事になってしまいます。アクセルを踏みすぎるとスピードオーバーになり事故ったり、包丁も使い方を間違えると凶器になってしまいます。

火星の長期滞在は、自分が意識をしていてもコントロールしにくいので注意が必要です。

火星は通常ならサッとあなたの横から居なくなりますが、今回は、遠い天体並みに近くにずっと居続けます。これが各星座生まれでどんな影響が出るか?がポイントになります。

ワンドのナイト

どの星座が影響を受けやすい?

今回の火星の影響を受け易いのは、滞在している双子座、そしてその反対にある射手座、スクエアの位置にある乙女座、魚座です。火が熱く感じられることになります。時には熱すぎて火傷しそうになるかもしれません。

一方、天秤座水瓶座、獅子座と牡羊座は、火加減がちょうどいい感じ、つまり温かいな!と思うことになりそうです。火傷することはないでしょう。

蛇足ですが、2年ぐらい前にも火星が牡羊座に長期滞在しました。この時は牡羊座の方や同じ活動宮の方は結構きつかった時期で、知り合いでも体を壊したり過労で倒れたりした方が何人かいました。この時は山羊座に冥王星がいたので壊された感じです。

今回冥王星は直接関与はしません(多少からみますが)

今回のポイントは海王星がどっぷり関与する点です。壊されるというよりは吸い取られる、乗っ取られるイメージでしょうか?

双子座火星の運行と注意点

では、今回の双子座火星長期滞在を3つのフェーズに分けて、傾向や注意点をまとめます。

第一期:順行期 2022/8/21~2022/10/30

この期間は水星や木星の後押しもあり、火星の良いところが出やすい時期です。思いついたアイデアは直ぐに実行に移したり、ピンときたら旅行に行ってみたりと、すばやさが功を奏す時期です。出会いも多そうなので、第一印象が良ければまずはOKしてみるのも良いでしょう。

逆にどうしようかな?と考えているとチャンスを逃してしまうかも?特に牡牛座、獅子座、蠍座の人は、とりあえず後で考えればいいやくらいの気持ちで動いていいと思います。

いろいろ手を広げていい時期ですが、9月中には少し対象を絞って10月に形にすると良さそうです。

第二期:逆行期 2022/10/31~2023/1/12

この期間はちょっと注意が必要な期間になります。

あまりに手を広げすぎて収拾つかなくなってしまいそうです。10月に入っても今まで通りにマルチで3股4股していると11月になってエライ事になりそうです。

この時期は海王星が木星によってパワーアップしており、あなたを知らないうちに支配していきます。なんでこんなことしたんだろうみたいなことですね。

具体的には、何かバタバタして忙しいんだけど全然先に進まない、発散してまとまらない、マルチで進めていたことでケアレスミスが連発するなど、動いている割に消耗が激しい状況になりやすいです。結局何が目的だったのか?目標だったのか?ゴールだったのか?再確認するといいですね。

あと、この時期に出会った人には要注意です。あまりいい出会いにはならない匂いがします。恋愛系は特に注意しましょう。第一期のように第一印象がピンときても、仕事で一見良い話のようでもよく考えてみて下さい。興味があることでも安易に誘いには乗らないほうが賢明です。

また、乙女座、魚座の方は非常に疲れやすいかもしれません。体のケアもきちんとして、あまり無理をしないようにしてくださいね。

第三期:再順行期 2023/1/13~2023/3/25

1月~2月前半はまた火星のいい面が戻ってきますので、チャンスが有れば逃さないようにしましょう。テキパキいろんなことが前に進みそうです。

でもその後はちょっとスピードが鈍ってきます。また第二期似た状況になるかも?あまり手を広げないこと、体に無理をしすぎないこと、ケアレスミスに注意すること、第一印象で信用しないことです。

そして、春分をすぎるとガラッと気持ちが変わってきそうです。

火星が蟹座に変わるとほぼ同時についに冥王星が水瓶座に入ります。なにか世間的にも大きな出来事があるかもしれませんね。

まとめ

火星は昔から「トラブルメーカー」「厄介者」扱いされてきました。それは、コントロールが難しいため、因果関係が目に見えてわかりやすいためではないかと思います。

でも、火は人間にとってなくてはならないものです。火をコントロールすることで人間は進歩してきましたし、感情をコントロールすることを学びながら子供から大人に成長していきます。

ひとそれぞれ持っている火の大きさは違います。他人と比較するものでもありません。

自分の火を大切にして毎日を過ごしていければ幸いです。

 

stella-triangle.com